[PR]

 ヨルダン訪問中の安倍晋三首相は1日午後(日本時間同日夜)に記者会見し、北朝鮮問題について「(日朝)平壌宣言に基づいて拉致、核、ミサイルを包括的に解決し、不幸な過去を清算して、国交正常化を目指していく。我が国の方針は一貫している」と述べた。

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が南北首脳会談で、日本との対話の用意について文在寅(ムンジェイン)韓国大統領に伝えたことへの対応を問われて答えた。

 首相は会見で、文大統領と中国の李克強(リーコーチアン)首相を東京に招く日中韓首脳会談を9日に開催すると発表。「重要なサミットになる。北朝鮮が正しい道を歩むかじっくり話し合いたい」と語った。

 また、財務省の文書改ざんの調査について、「できるだけ速やかに結果を示したい」とした。前事務次官のセクハラ問題と合わせ、野党は麻生太郎財務相の辞任を求めているが、首相は「麻生財務相には再発防止を徹底するとともに、組織を立て直し、責務をしっかり果たしてもらいたい」と述べ、続投させる方針を重ねて示した。(アンマン=高橋福子)

こんなニュースも