[PR]

 私はなぜ、働くのか。高度成長を果たした昭和は、仕事のやりがいに理由を見いだす人が多かった。低成長の平成に入ると、生活の楽しさに重きが置かれ、働き方は多様になっていった。しかし、旧来の価値観や制度は、完全に消え去ったわけではない。

 札幌市のベッドタウンとして発展する北海道江別市で、介護保険を担当する北島裕介さん(35)。3月まで、厚生労働省広報室の係長だった。国会でも取り上げられた裁量労働制をめぐり、報道機関への対応に夜遅くまで追われる日々だった。

 社会人採用で、4月に市役所に転職。給料は当時から3割ほど下がった。それでも「家賃が安くなり、自炊を始めたので食費もあまりかからなくなった」と気にしていない。

 厚労省には2008年、介護予防の枠組みを作りたいと入省。ポストが上がり、政治家らへ政策を説明する機会が増え、やりがいを強く感じていた。「仕事をすることが自分のアイデンティティーと感じる部分があった」

 考えが変わるきっかけになった…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら