[PR]

 日本のコンタクトレンズの草分けの一つとされ、「ニチコン」のブランドで知られる日本コンタクトレンズ(名古屋市)が破産する見通しとなった。2016年に名古屋地裁へ民事再生法の適用を申請し、再建をめざしていたが、その手続きをやめることを今月1日に申請した。スポンサーに決まった投資会社から、支援が得られなくなったため。

 関係者によると、すでに従業員は全員解雇された。民事再生法の適用申請時の負債額は約19億円だった。1964年に設立され、日本でのコンタクトレンズ普及に一役買ったが、90年代以降に急速に広まった使い捨てレンズへの対応が遅れていた。