[PR]

 東海ラジオの「ひるカフェ」などで知られる源石和輝(げんいしかずてる)アナウンサー(46)が今春、次男の誕生を機に約1カ月の休暇を取った。男性アナが家族のサポートを理由に長期間休んだのは同局で初めて。多くの発見とやりがいがあり、かけがえのない日々になったという。

 源石アナは1995年に入局し、報道から音楽、バラエティーまで幅広く担当。昨年から、月~金曜正午の生番組「ひるカフェ」の単独パーソナリティーを務める。今年1月に次男が生まれ、有給休暇などをあてて2月中旬から約1カ月休んだ。育児だけでなく家事全般をサポートしようと、「家族サポート休暇」と呼んでいる。

 休暇を考えたのは、長男(8)が生まれた時の心残りがあるからだ。レギュラー番組に加えて新番組も控え、出産に立ち会えなかった。「休むなんてもってのほかという意識が、会社よりも自分の中にあった。盆暮れ正月も働いて当たり前で、休むことに怖さもあった」と振り返る。

 勤務後に妻子が過ごす実家に寄…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも