[PR]

 伊藤忠商事は2日、昨年5月から毎週金曜に実施しているカジュアル出勤日「脱スーツデー」について、この5月から1日増やして毎週水曜と金曜の週2日にすると発表した。

 名付けて「脱スーツデー+」。もとは繊維畑出身の岡藤正広会長の提案で、好業績をあげた社員の発想をより自由にしようという狙いだ。例えば、男性ならノーネクタイで上着はジャケット、下はチノパンやジーンズで出勤する。とくに第1、第3金曜はジーンズ限定日にするという。

 スーツとネクタイだけをやめたクールビズは「ナンセンス」と考え、社員らにより刺激を与えようとジャケットとジーンズを推奨してきた。

 効果について岡藤会長は「数値にはできないが、業績はいい。取引先にも従業員にも好評。今日は僕もジャケットと靴下を紫であわせた」とニンマリ。ジーンズ姿で同席した鈴木善久社長も「軽くていいよね」と話していた。(鳴澤大)

こんなニュースも