[PR]

 第54回小田原北條五代祭りが3日、小田原市内で催された。心配された雨が午前中に上がり、五月晴れの小田原城銅(あかがね)門広場で午後1時から出陣式。ホラ貝が鳴り響き、太鼓が打ち鳴らされる中、忍者風魔小太郎隊、少年少女武者隊、北条五代各隊などの行列が続々と出発した。

 銅門前の住吉橋は28年ぶりに今春架け替えられた。馬に乗る四代北条氏政役の俳優高嶋政伸さんは真新しく白い木橋の上で、右手を高く上げて観衆の歓声に応えた。初代北条早雲役は小田原ふるさと大使の合田雅吏さんが務めた。

 市によると、祭りの人出は雨天の予報などが影響し、昨年よりも3万人少ない22万人だった。(村野英一)