[PR]

 「おろしてくれ」。父親が土下座して伝えてきた。その言葉を聞いて、四十物(あいもの)千鶴子さん(65)=富山市=の胸には、疑問、憤り、むなしさ……、様々な思いが駆け巡った。

 千鶴子さんは、生まれて間もなく脳性まひになった。「人を好きになってはいけない」「付き合っても捨てられる」。幼い頃から、そう言われ続けてきた。「なぜ駄目なのか。納得がいかなかった」

 24歳の時、働いていた障害者福祉施設の同僚と交際し、妊娠した。

 「産みたい」。そう思った千鶴…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら