[PR]

 憲法記念日の3日、松山市内で護憲、改憲それぞれを訴える集会が開かれた。

 松山市のひめぎんホールでは、実行委員会主催で「活(い)かそう日本国憲法!許さない、9条改憲は戦争への道!」のテーマで集会が開かれた。主催者によると約1千人が集まった。

 早大法学学術院の水島朝穂教授が「憲法改正か、改ざんか」の題で講演した。水島教授は「憲法は人々の気持ちや理想といった大きな道徳でなく、権力を規制、統制、制限する規範」と説明し、「権力側から規制、制限を取り除こうとする改憲論が広がっている」と警鐘を鳴らした。9条に条文を加えるなどの改憲案は「改正しないといけないという証明もされておらず、十分な情報開示や熟議もない」と批判した。

 松山市の市総合コミュニティセンターでは、憲法改正を目指す「憲法フォーラムin愛媛」が開かれ、約500人が参加した。

 主催の「美しい日本の憲法をつくる愛媛県民の会」を代表して加戸守行・前知事があいさつ。憲法は「押しつけられた憲法。日本国民の自由意思によって表明された結論ではない」と指摘し、自衛隊については「憲法9条に違反しない、抽象的な存在の実力部隊が、今日まで肩を小さくしながら存在してきた」と改憲の必要性を強調。国会審議が停滞して改憲が進まない現状や若者の関心の薄さを危惧し、「頑張っていかなくてはいけない大切な時だ」と力を込めた。(前田智、大川洋輔)

関連ニュース