[PR]

遠山清彦・公明党憲法調査会事務局長(発言録)

 憲法改正案は(衆参)両院の憲法審査会を中心に、与党だけに限らず、多くの政党間の合意形成を図るべきだ。自民党の憲法9条の2の素案は、まだ中間的なものだと認識している。自民党の有力案を軸に、憲法を改正する必要性や緊急性について国民の理解が得られるのかどうか、注視している。

 責任ある政治家として、国民投票で否決されるリスクも考慮せざるを得ない。もちろん、否決されても直ちに自衛隊が違憲になるわけではないが、万が一否決された時には日本の安全保障に与える影響は大変大きいわけだから、これを避けなければいけない。(憲法改正を求める「公開憲法フォーラム」で)