エレキの美点、音符に書けぬ「初期衝動」 椎名林檎さん

有料会員記事

聞き手・岸善樹
[PR]

 高級エレキギターで知られる米ギブソン経営破綻した。若者のロック離れが言われるなか、エレキはもはや、時代遅れの「遺物」になってしまったのか。

椎名林檎さん

 エレキギターに最初に触れたのは中学3年生のときです。見よう見まねで弾き始めて、持ち歩いてはずーっと触っていました。

 高校では同時に八つぐらいのバンドを掛け持ちしていました。ドラムやオルガンやベースなども担当しました。

 私がエレキギターに担ってほしい役割というのは、当時からはっきりしていました。「いらだち」とか「怒り」「憎しみ」……。「やり場のない悲しみ」とか、そんな「負の感情」の表現をするときに登場するのがエレキギター。ひずんだ音色、ノイズが必須です。

 そうすると声も共鳴して、「エレキ声」になる。そこに気づいていたので、曲づくりでも「負の感情」を書くんだと認識していました。いまでもエレキギターはそういう役割、もしくは「軋轢(あつれき)」役でしか登場させていません。

 ただ音楽シーンでは、ギターそのものの存在感は大きな変容を遂げたのでしょう。ギターの技を競い合うようなハードロックなどは、「ワン・オブ・ゼム」になっていきました。

 でも私は、時代が移り変わろ…

この記事は有料会員記事です。残り682文字有料会員になると続きをお読みいただけます。