[PR]

 3日開幕した「第28回コーラスワークショップinひろしま」の一環で4日夜、合唱の「世代と国境をつなぐスペシャルコンサート」が開かれ、会場となった広島市中区のエリザベト音楽大学セシリアホールは歌声に包まれた。

 少年少女合唱から、韓国・大邱広域市の合唱団「カラフルコーラス」や米ハワイ州のユース合唱団「HEARTS」のステージまで、国境や世代を超えて歌声を披露。最後は広島から世界の平和を願い、会場全体でモーツァルトの「Ave verum corpus」を合唱した。

 主催した県合唱連盟の谷千鶴子理事長(74)は「合唱は世界共通の言語。広島という地から世界へ平和と希望のメッセージを送りたい」と語った。(大滝哲彰、高橋俊成)