[PR]

 昨年7月から島根県浜田市の当時19歳の無職女性(20)が行方不明になっており、県警は4日、女性を同市内で発見し、同市原町の無職、佐々本薫容疑者(72)を未成年者誘拐の疑いで逮捕し、発表した。「誘拐したつもりはない」と容疑を否認しているという。

 県警によると、佐々本容疑者は昨年7月中旬ごろ、浜田市内で女性が未成年であることを知りながら誘拐し、自宅に寝泊まりさせていた疑いがある。

 今年5月3日午後6時15分ごろ、容疑者宅近くの住民から「近くで女性の泣き声が聞こえる」との通報があり、交番から署員が駆けつけ、佐々本容疑者と一緒にいる女性を発見した。佐々本容疑者を任意同行し、4日早朝、逮捕した。以前に2人に面識はなかったという。

 女性は昨年7月22日夜、自宅近くの寺であった神楽の演舞を見に訪れたのを家族が見つけ、午後11時半ごろ家族と別れてから行方が分からなくなっていた。