[PR]

 音楽を通じて平和の尊さを考えようと、広島市の調律師矢川光則さん(65)が修復した被爆ピアノを市民らが奏でるコンサートが4日、瑞穂市で開かれた。約40人が参加し、被爆ピアノの音色に合わせて合唱し、平和な世界を願った。

 ピアノは、1945年8月6日、原子爆弾が投下された広島市内で被爆した。矢川さんは、平和の大切さを訴えようと4トントラックにピアノを積み、各地で活動をしている。

 昨年、「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN〈アイキャン〉)のノーベル平和賞受賞記念コンサートで、米人気歌手のジョン・レジェンドさんが同じピアノで弾き語りをした。

 参加者は平和への思いを込めて…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら