[PR]

 1966年夏、日本武道館であったビートルズの日本公演。「国賓級」といわれた厳重な警備態勢を記録した約35分のフィルムが警視庁に保管されている。大部分は未公開だが、半世紀以上を経た現在、映像の全面公開を求める裁判が続いている。

 映像は66年6月29日~7月3日に警視庁が撮影したもの。2014年に一部報道で存在が広く知られるようになった。このうち約17秒分は、16年公開のドキュメンタリー映画「ザ・ビートルズ~EIGHT(エイト) DAYS(デイズ) A(ア) WEEK(ウィーク)」にも提供された。

 ビートルズファンで、全国市民オンブズマン連絡会議事務局長の新海聡弁護士(愛知県弁護士会)が「歴史的な資料」として15年、警視庁に情報公開請求をした。

 警視庁は一般人の顔が識別できるなどとして、モザイク処理した上での一部公開を提案したが、新海弁護士は「50年以上前の映像で個人の識別はできない」「一部は映画に提供されており、条例で開示義務がある情報にあたる」などと主張。全面公開を求めて昨年1月に東京地裁に提訴した。

 昨年12月の地裁判決は、映像は鮮明であり「特定の個人を識別できる」などとして請求を棄却した。

 判決を不服として、東京高裁に控訴した新海弁護士は「歴史的にもオープンにされるべき資料。個人情報とは何かが十分に理解されずに、何でも非公開にされているのではないか。情報公開の現状を問題提起したい」と語った。

 警視庁は取材に「現時点では映像を公開する予定はありません。適切に保管していく予定です」としている。

切り出し画像を記者が裁判所で閲覧

 裁判で、警視庁を管轄する東京都側は、フィルムから切り出した画像70枚を資料として提出している。どんな映像が残っているのか――。東京高裁に確認すると、コピーは無理だが閲覧ならできるという。せめて雰囲気だけでも伝えたいと、ビートルマニアの記者(28)が閲覧し、模写してきた。

 資料には、武道館周辺の警備や…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら