[PR]

 世界の社会主義運動に大きな影響を与えたドイツの思想家カール・マルクスの生誕から5日で200年になるのを記念し、中国共産党が大規模な行事や宣伝活動を展開している。共産党の正統性を訴える狙いとみられるが、市民からは冷めた見方も出ている。

 国営メディアは連日マルクス特集を組み、4日には北京の人民大会堂に党幹部や軍関係者ら約3千人を集めて記念大会が開かれた。最高指導部7人も顔をそろえるほどの力の入れようで、壇上にはマルクスの大きな肖像が掲げられた。

 演説した習近平(シーチンピン)総書記(国家主席)はマルクスを「崇高な理想を抱き、新たな世界をつくるために戦い続けた」と称賛。「マルクス主義により、東洋の歴史ある大国に史上例をみない発展という奇跡が起きた」と訴えた。

 習氏は昨年の党大会で、マルクス・レーニン主義を受け継ぐ形で自らの政治理念「習近平の新時代の中国の特色ある社会主義思想」を党規約に明記。自由や民主を重視する欧米とは異なる価値観を打ち出しながら、世界一流を目指す「社会主義現代化強国」を目標に掲げた。マルクスの偉大さを強調することで、自らの政治理念の権威を高める狙いもありそうだ。

 ただ、ネット上では「世界がとっくに捨てたものをまだお宝扱いするとは」などと皮肉る書き込みが相次いでいる。(北京=延与光貞)

こんなニュースも