潜伏キリシタンとは? 「かくれキリシタン」と違うの?

有料記事

編集委員・中村俊介
[PR]

 コブク郎 この夏審議(しんぎ)されるユネスコ国連教育科学文化機関)の世界文化遺産に、「潜伏(せんぷく)キリシタン」の遺産が決まりそうだね。どんな人たちだったの?

 A ユネスコの諮問(しもん)機関が登録勧告(かんこく)した「長崎(ながさき)と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」のことだね。主に江戸(えど)時代、九州西部の離島(りとう)などに住み、信仰(しんこう)の自由が認められる明治時代まで200年以上もの間、ひそかに信仰を守り続けてきたキリスト教徒のことだ。

 コ どんなものが世界遺産に登録されるの?

 A 信徒が暮らした集落や崇拝(すうはい)する聖なる山や島、日本最古の現存教会など長崎・熊本(くまもと)両県の12資産だ。

 コ なぜ潜伏したの?

 A 日本でのキリスト教の歴…

この記事は有料記事です。残り524文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。