[PR]

 青空の下、悠々とダイヤモンドを一周する中川光雄は喜色満面だった。

 1995年7月26日の石川大会3回戦七尾商戦。初回先頭で打席に入り、金沢市民野球場の左翼席へ運んだ。185センチの大型内野手は「選抜でも全打席ホームランを狙っていた。大きいのを打ちたいんですよ」

 だが、後続が大振りして凡退すると、監督の山下智茂は激怒した。「お前があんなの打つからだ! 1番は振り回さんと逆方向に打て」。この試合中、守備からベンチに戻ると正座させられた。エース山本省吾の好投もあって勝ったが、3―0のスコアだった。

 この夏の石川大会はきわどい試合が多かった。準々決勝の金沢市工戦では、七回に追いつかれて1―1で延長戦へ。十回裏、「暑いし、終わらせようぜ」と言い放った中川が1死から安打で出塁、続く小坂友範の左翼越えの当たりでサヨナラのホームに生還した。

 スコアを見れば苦戦だが、捕手の三浦聡は「何をやっても、結局、勝っちゃうのは分かっていた」。4番打者の信藤浩伸も言う。「甲子園でどれだけ勝てるかで、県で負けるとか考えたこともなかった。接戦も楽しんでいたし、重圧とかまったくなかったですよ」

 1年前の夏の石川大会から県内公式戦で負け知らず。「日本一の練習をずっとやって、そういうメンタルが仕込まれていたんでしょう、山下さんに。すごいですよね」と中川は振り返る。山下自身、大会開幕前に甲子園の宿舎の部屋の割り振りまで決めていた。「6月の猛特訓の様子を見ていれば分かる」

 結局、この大会も決勝で金沢を4―1で下し、4季連続の甲子園切符を手にした。あとは「全国制覇」へひた走るのみだった。

 選抜大会以来、約4カ月ぶりの兵庫の街。「復興のスピードが速くてビックリしたね」と山下。

 初戦となった2回戦の相手は県岐阜商。マネジャーの田中辰治はこの試合の前夜、花好きの山下のために部屋に真っ赤なバラをいけた。「熱く燃えて下さい」というメッセージだった。

 山本は6月の北信越大会後にフォームを上手投げからスリークオーターに戻し、球にキレが戻っていた。直球が走り、カーブやシンカーを交えて相手打線を6安打完封。3―0で突破した。ただ、抽選会の時から山場とにらんでいたのは3回戦の関西(岡山)戦だった。

 相手のエース吉年滝徳は、この年のプロ野球ドラフト会議で広島カープに2位指名される大型左腕。長身から投げ下ろす直球と、タテに大きく割れるカーブの攻略方法に山下も頭を悩ませていた。

 突破口を開いたのは、山本だ。

 0―0で迎えた二回表の攻撃。1死一、二塁。二塁走者の山本が単独スチールを仕掛け、三盗に成功。大型左腕の動揺を誘うと、続く山崎高志の右前安打で先制のホームを踏む。さらに牽制(けんせい)悪送球が絡み、2安打をたたみかける。この回4点を奪った。投げても山本が5安打2失点で完投し、11奪三振。4―2で逃げ切った。

 盗塁の場面、ベンチのサインは「待て」だったという。試合後、走った理由を聞いた山下は「もうリスペクトですよ」とうなった。

 山本は吉年のグラブの中のカーブの握りが見えたという。「吉年さんの性格もあるし、カーブの握りで牽制はない。下級生の、しかも投手に走られたら精神的ダメージがある。イライラさせたかった」

 即興のワンプレーが勝利を引き寄せた。ただ、その決断実行は、実は周到な準備に裏打ちされていた。そこに、山本というプレーヤーの異能が浮かび上がる。=敬称略(塩谷耕吾)

関連ニュース