[PR]

 陸地に囲まれて分かりにくくなった長崎市の出島の扇形の様子を、上空150メートルからみた3D映像で体感してもらおうと、市がこのほど、VR(バーチャルリアリティー)のコンテンツを作った。スマートフォンのアプリを使って見ることができる。

 このコンテンツは「DEJIMA JUMP(デジマ・ジャンプ)」。4月から映像視聴アプリ「ハコスコ」内で公開されている。

 映像は現代の昼の光景と夜景、海に浮かんでいた江戸時代の古図の3種類。ドローンを使って空撮した映像を見ることができる。スマホに専用のゴーグルを装着し、表門橋近くで映像の中のカウントダウンに合わせてジャンプすると、橋のたもとから実際に空を飛んでいるかのような感覚が味わえる。

 5日には長崎市江戸町の出島表…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース