天皇、皇后両陛下は5日、東京都港区の東京ローンテニスクラブを私的に訪れ、旧知のテニス仲間らと交流した。

 両陛下は結婚前、このコートでたびたびプレーを楽しんでおり、愛を育んだ場所として知られる。関係者によると、この日はプレーはせず、仲間らと記念撮影をしたり、和やかに懇談したりするなどし、1時間半ほど滞在した。会場には皇后さまが持参した、皇太子妃時代に英国から贈られたバラ「プリンセス・ミチコ」が飾られたという。

 両陛下は、集まった人たちに笑顔で手を振って応え、拍手で見送られながらクラブを後にした。(多田晃子)