[PR]

 鹿児島県出水市の高校3年生が「世界一髪の長い10代」として、ギネス世界記録に認定された。生まれた時から伸ばしてきたが、世界一の記録は記念として、近く切るという。髪を寄付するヘアドネーションで医療用かつらにいかしてもらう決意を固めている。

 認定されたのは川原華唯都(けいと)さん(18)。ギネス記録となった3月4日時点の髪の長さは155・5センチ。それまでの記録を3・5センチ上回った。最長の毛は160センチを超えるという。

 薩摩川内市の私立高で大学進学を目指している川原さんは、ふだんは三つ編みにした髪を二つ折りにして過ごしている。そのため髪の長さがそれほど目立たない「普通の女の子」だったが、世界一が認定されてテレビなどの取材が相次いだ。今月5日、同市の出水麓(ふもと)武家屋敷群でのイベントに招かれ、初めて着る振り袖姿で長い髪を披露した。

 川原さんは出生時、頭の皮膚に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら