[PR]

 タイの軍事クーデターから22日で4年になるのを前に、軍事政権に反対する集会が5日、バンコクで開かれ、参加者らは年内の総選挙の実施などを訴えた。軍政側が受け入れない場合、22日に首相府に向けてデモ行進するとしている。

 この日の集会は王宮にも近いタマサート大学で開かれ、数百人が参加。主催する活動家らがステージで声明を読み上げ、軍政側が当初、約束していた今年11月の総選挙の実施などを求めた。そして「軍政は出て行け」と声を張り上げた。

 軍政は民政移管に向けた総選挙の時期をこれまで何度も先延ばしし、最近では来年2月に実施すると表明。これに反発した活動家や市民らが反軍政の動きを活発化させている。3月下旬にはデモ隊がタマサート大学から陸軍司令部前までデモ行進し、治安当局と小競り合いになった。(バンコク=貝瀬秋彦)

こんなニュースも