[PR]

京都サンガ

 Jリーグ2部の京都サンガが窮地に立たされている。今季13試合を終え、2勝8敗3分けの最下位。このままでは、クラブ史上初めてJリーグ3部へ自動降格しかねない。このピンチを脱することはできるのか。

 西京極陸上競技場で6日にあったレノファ山口との一戦は、異例の「監督不在」だった。クラブ関係者によると、成績不振を理由に布部陽功監督が解任される見通しになった。選手に通告されたのは山口戦の2日前。後任は山口戦で指揮を執ったボスコ・ジュロブスキーコーチの昇格が有力だ。試合は前半終了間際にCKから失点すると、後半20分にも追加点を献上。同32分にFWに入った田中マルクス闘莉王が今季初ゴールで一矢報いたが、そこまで。1―2で敗れて2連敗となり、最下位に転落した。

 それでも、客席からブーイング…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも