長崎)加藤登紀子さんら「千人の集い」に 石木ダム問題

有料会員記事

福岡泰雄
[PR]

 長崎県川棚町で県と佐世保市が計画している石木ダムの問題について考える「ほたるの里から長崎をかえよう!!千人の集い」が、川棚町中組郷の町公会堂で6日にあった。

 シンポジウムでは歌手の加藤登紀子さんを進行役に、京都大学の今本博健・名誉教授、前滋賀県知事嘉田由紀子さん、八ツ場(やんば)ダム群馬県)の計画見直しを求める市民団体「八ツ場あしたの会」事務局の渡辺洋子さんがパネリストとなり、討論した。

 今本さんは佐世保市の1日最大給水量の予測と実績のグラフなどを示し、「給水は今の水源で十分足りている」などと指摘した。

 嘉田さんは琵琶湖周辺住民の…

この記事は有料会員記事です。残り311文字有料会員になると続きをお読みいただけます。