会社に人員整理されてもバネに 44歳、負けじ魂で受賞

有料記事

文・木元健二 写真・池永牧子
[PR]

朝日時代小説大賞を受けた諏訪宗篤さん

 逆境をスプリングボードにしてきた。大学を出て東京のゲーム会社に就職し、企画に打ちこんだが、ハードワークで体を壊し帰郷した。30歳を前に作家への夢を抱き、書店で働くように。本に囲まれる時を糧に執筆し、心を込めて作品を紡ぎつづけた。しかし3年前の夏、12年続けた書店員の仕事を、会社の人員整理で失った。

 「このピンチ、目が覚めるような窮地の切り抜け方を書くことで、きっと乗り越えてみせる」

 負けじ魂が着想にいきた。受…

この続きは朝日新聞デジタル会員限定です。残り366文字

1カ月間無料の「お試し体験」で記事の続きを読んでみませんか?

  • 会員限定の有料記事が読める!

  • 多彩なコメンテーターがニュースを深堀り

  • いま話題の最新ニュースもメールでお届け

1カ月間無料 お試し体験

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

すでに有料会員の方はログインして続きを読む
【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント