[PR]

 大阪府警は7日、酒気帯び運転をしたなどとして、城東署地域課の警部補、加藤泰浩容疑者(57)=大阪府交野市東倉治5丁目=を道路交通法違反(酒気帯び運転など)容疑で逮捕し、発表した。「アルコールは飲んでいない」と一部否認しているという。

 監察室によると、逮捕容疑は5月6日に大阪府枚方市の路上で酒気を帯びた状態で乗用車を運転し、午後3時20分ごろに信号を無視した後、パトカーの追跡から約1キロにわたって逃げる際に街路樹などをなぎ倒す事故を起こしながら、そのまま逃走したというもの。

 加藤容疑者はこの日は非番で、コンビニに行くために車で外出したという。枚方市内で信号無視をしたためパトカーに停止を求められたが従わずに逃走し、最後は歩道の柵に衝突して停車したという。打撲などのけがをしたために救急搬送され、その際に基準値を超えるアルコールが検出されたという。