[PR]

 米国人のリズ・クエインは1年半前、9歳の双子を連れて世界を放浪し始めた。米国を捨て、今はコロンビア第2の都市メデジンに滞在している。私がスカイプのウェブカメラで連絡をとると、彼女はディスプレーの中で一瞬こわばった表情を見せたが、次第に世界を放浪するに至った理由を話してくれた。メデジンと結ばれたカメラを怪しいと思ったのだろう。

 クエインは40代の女性で、シアトル近郊で子どもが遊べるカフェと保育所を運営していた。米国では中流の暮らしといえるが、2016年8月、そのアメリカを去った。理由を聞くと、「息の詰まるような大量消費社会にうんざりした」と言った。

 ドナルド・トランプが大統領に選出された時、彼女はリベラル派の市民が口にしていた「トランプが勝ったら、この国を出ていく」という文句を、まさに一足先に実行したのだった。もう戻らない。そう決め、オーブリーとガブリエラの2人の娘を連れて米国を去った。アジアとヨーロッパを旅した後、彼女は「シングルマザーの放浪者」として生きていくため、アマゾンで物を売って生活費を稼ぐ仕事を始めた。

 「もし共和党が政権から外れた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも