[PR]

 コーギー犬に囲まれるエリザベス女王の姿は、もう何十年も英王室の象徴として愛されてきた。

 ところが、英大衆紙デイリー・メールが悲報を伝えた。「ウィロー(Willow)」と名付けられていた女王の最後のコーギーが亡くなった(訳注=2018年4月15日に死亡)というので、英メディアは大騒ぎになった。英王室は「私的な問題」としてコメントを控えたが、ネットの世界も含めて関連の情報が飛び交った。

 英女王のコーギーの血筋が途絶えたのを機に、女王とロイヤルペットの歴史を改めて振り返ってみたい。

 〈最初の出会いは「ドゥーキー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも