[PR]

大学選手の 技術を吸収

 〈江戸っ子選手〉 大正のはじめ、早稲田実業に軽業師のような万能選手がいた。岡田源三郎。早稲田の森、穴八幡の神主の家に生れた。投手、捕手はもちろん、どこをやらせてもあざやかなもの。飛田穂洲が「あれは球の子だね」とたまげたとか。足が速くスライディングがまた絶妙。ぱっとスパイクを向けられて野手はぎくり。たじろぐ一瞬にグラブの下をかいくぐる。いかにも生き馬の目を抜く江戸っ子らしいプレーだが、久保田高行(早実出、朝日新聞客員)は「岡田さんのあのすばしっこさ、ずるさ、器用さが東京タイプの典型だ」といった。

 東京に野球が伝わったのは明治6年。明治学院、一高、学習院などでさかんに行われ、元文相天野貞祐も先輩になる独協中から守山恒太郎が出て一高の名投手になった。さらに、早、慶、明と大学チームの手によって普及、高度化し、東京は野球理論のセンターにもなった。一高、東大の名投手内村祐之(独協中)三宅大輔、故腰本寿、新田恭一(以上慶応)小西得郎(日本中)故中沢不二雄(荏原中)。さらに後年、明大、金鯱の監督になった前記の岡田、そして久保田、さらに東大教授、神田順治(市二中、現上野高)と幾多の野球理論家、戦術家を生み出したのも土地柄だろう。

 〈見よう見まね〉 都会育ちで線の細い東京の球児が高度な大学野球の技と策に感化され、大学野球の亜流になったのも自然の流れか。大学系のチームが東京を支配し、中学の主力は早大系の早実と慶大系の慶応(普通部と商工)だった。早実は早大野球部創成期の名投手河野安通志によって指導され、大正4年の第1回大会代表。当時、岡田が捕手でトップ打者、投手は速球の臼井林太郎、遊撃には後年早大で活躍した石井順一がいた。準決勝で秋田中に3―1で負ける。「相手を甘く見て油断しちゃったよ」と岡田。以後、早大の名投手水上義信、強打者小林政綱、ドロップ投手高橋外喜雄、第21回大会で藤村の呉港をひねった本橋精一(早大出)=以上故人、望月潤一(元イーグルス投手)、昭和33年秋学習院を東都で優勝させた島津雅男(早大出)と名選手が続いた。雨宮と改姓した水上は中京商―明石の25回延長戦の主審を勤めた。

 〈雑居都市の顔〉 慶応は第2回に代表となり、技巧派東京の本領発揮で見事に優勝した。当時慶大生の腰本がコーチで、一五八センチの山口昇がエース。制球力が抜群で「大学チームでも投げていたので、相手がこどもに見えた」という。現在愛知トヨタ自動車会社社長。この時、一塁手がアメリカ人のダン・ジョン、中堅手が日独混血の河野元彦なのも雑居都市のチームらしいが、九番の右翼手が新田恭一だった。翌年、新田はエースとして全国大会に出たが準々決勝で盛岡中に敗れた。以後、慶応門下から都市対抗で全鐘紡を3年連続優勝させた牧野直隆(慶大出)や、横沢七郎(慶大―元セネタース、パ・リーグ審判)、元鐘紡監督の大槻守治、慶大―東急で制球力を誇った白木義一郎が出た。第3回に失った大優勝旗は東京へもどらなかった。慶応当時、一八〇センチもあった白木(参議院議員)でさえ、女房役、柿沼広重(三田クラブ理事長)にいわせると「スマートで、こわさがなかった」そうだ。

 要するに東京の選手は頭でっかちで、たくましさとか野性味に欠けているということだ。元法大監督の藤田省三を迎えて強くなった日大三中は昭和13年に早実、慶応の二強を初めて倒した。その日大三中からは東急で白木とバッテリーを組んだ上林繁次郎(公明党国民生活局長)や坂本茂(巨人―近鉄―パ審判)関根潤三(近鉄―巨人)根本陸夫(広島東洋監督)鬼頭政一(西鉄コーチ)が出た。明大の元老格山村一郎や中沢不二雄が先駆者になる荏原では横沢三郎(元パ審判部長)浜田義雄(東映コーチ)。立教大監督の清水一郎は目白商出で東都大学審判部長の勝田興も同窓。学者として有名な東大名誉教授・清水健太郎は成蹊。学習院から坪井忠郎東大監督、東急社長五島昇、戸田康英(侍従)。魔球フォークボールで名声を博した杉下茂(中日監督)は戦争末期の帝京商で一塁手をやっていた。(1968年4月23日掲載)

     ◇

マンモス化 選手も分散

 〈配属将校がノック〉 戦後、東京で目立った話題が三つある。その一は中等野球が復活した昭和21年夏の決勝だ。高師付中―都立一中の公立校同士。高師付中(教大付)は元首相の鳩山一郎、陸軍元帥の寺内寿一を部の先輩に持つ球史の古いチーム。都立一中(日比谷)も戦後、東大で活躍した加賀山朝雄、岩佐守、山崎喜輝らを出している。しかし、早実、慶応、また日大三と私立校に支配されていた戦前を思うと、とても考えられない公立校の躍進だった。

 3―2で高師付中が勝つ。このチームの優勝には秘話があった。きびしい戦時下も敵性スポーツと見られた野球の練習を続けていたのである。彼らをひきいた気骨の士は渡辺貞雄。会津若松の出。東京高師(教大)を出て付中の歴史を担当。野球はずぶの素人だったが、飛田穂洲の教えから「野球こそ人間形成、精神の鍛錬に欠かせないスポーツ」の信念をいだいた。「空襲警報のサイレンが鳴るまで球を追ったものですよ」。佐々木迪夫。海軍予備学生の復員、早大生ながら復活第1回の西宮大会のコーチだった彼は当時をなつかしむ。時には配属将校までノックを手伝ったというからますます面白い。

 終戦間もなくガンコ先生は岡山へ転任。教え子たちと西宮で再会した。鬼の目から涙……。高師付中は準決勝で平古場の浪商に敗れたが、スタンドで人気をさらう名物男がいた。竹田晃二塁手。身長一四五センチ。中等野球のなかでも超小型だが、機敏な選手だった。「当時はスパルタ。倒れた選手に水をぶっかけたが、竹田はネをあげたことがない」と佐々木。後年東大監督、現在東大助教授の竹田は「野球で鍛えられた私の心身はだれにも負けない自信がある」という。「よき選手たる前に、よき中学生たれ」いまは亡き渡辺貞雄の遺産が竹田ともいえる。公立校が甲子園に出たのはこの回きり。

 〈素人監督〉 その二は、いまも熱血漢で通っている島岡吉郎(都高野連副会長)である。信州伊那の生れ。戦前の明大応援団長。死線をいくたびか越えて復員、敗戦に打ちのめされた少年たちに勇気と人の道を教えるのは野球にかぎると母校明治中に野球部の設立を要請。「それなら監督を」と頼まれて22年にスタートした。「東京のこどもはわがままで、熱しやすくさめやすい。筋金を入れるのは合宿を通じての精神修養しかない」。東京チームとしては珍しい合宿に踏み切った明治は3年後、慶応が3連勝を残して神奈川へ移った25年に早くも甲子園進出に成功した。

 〈大選手・王〉 26年、島岡は明大監督になったが、この男がたまげ、ほれこむ選手が間もなく東京に現れた。三つ目の話。32年の選抜大会に優勝して早実に黄金時代を復活させた王貞治である。「技量はもちろん抜群だった。しかし私の感心したのは人間としての大きさですよ。第40回大会の予選決勝で延長12回、4点リードした試合を奇跡的な明治の逆襲で早実は敗れた。にもかかわらず、翌々日明治ナインを東京駅まで送りにきたのですからね」高校生の年ごろではとてもできることではないと島岡はいう。当時、早実の監督だった宮井勝成(中大監督)も「あの性格が大選手に仕上げた」といったが、この宮井に王を紹介したのは、町の軟式野球審判員だったという。

 戦後二十余年。前期の東京で目ぼしい選手をあげると、プロでは荒川博(巨人)榎本喜八、醍醐猛夫(東京)徳武定之(中日)の早実勢。明治では村田元一(サンケイ)日大三では並木輝男(東京)日大一に大羽進(広島)荏原では桑田武(大洋)立教では高林恒夫(元巨人)。ノンプロでは早実の蕪木正夫(大昭和)明治の岩崎亘利、慶応の松本悦雄、テニスに転向した遊撃手宮城淳(元デ杯選手)と都立城南でチームメートだった井垣五男(以上サッポロビール)。変り種として演出家の浅利慶太(杉並中)がいる。

 後期は東京もますますマンモス化し、群雄割拠。日大二に井上善夫(巨人)修徳に成田文男(東京)が出て新時代を迎えた。東大出プロ第1号の新治伸治(大洋)は小石川で軟式野球の選手だった。第2号井手峻(中日)は新宿高で遊撃手と投手。いま東京六大学で本塁打を誇る田淵幸一(法大)は法政一の出だ。昨年の参加校は百六十五校。まさしく大東京の偉容を誇ってきたが、第三回に手放した優勝旗はもどってこない。井上悠助東京高野連理事長は「好選手がますます分散し、東京代表が甲子園で優勝するのはいよいよむずかしくなった」とマンモス化には複雑な表情である。(1968年4月24日掲載)

こんなニュースも