[PR]

 日産自動車は、欧州でディーゼル車の販売から撤退する方針を明らかにした。欧州で今後投入する新型車は、ディーゼル車を商品構成から外す。トヨタ自動車なども新型車の投入にあわせてディーゼル車の販売を順次やめる方針で、国内の自動車メーカーに「ディーゼル離れ」の動きが広がってきた。

 欧州連合(EU)は2021年に二酸化炭素(CO2)の排出規制を強化する。規制に対応するには、新型ディーゼルエンジンの開発などに大型投資が避けられないため、日産は新型車にディーゼルエンジンを搭載しない方針を固めた。代わりに電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)の販売を強化する。

 日産は現在、欧州で販売するSUV(スポーツ用多目的車)「キャシュカイ」(日本名デュアリス)や小型車「マイクラ」などにガソリン車とディーゼル車を設定し、選べるようにしている。ディーゼル車の販売を段階的にとりやめ、21年までに撤退する方針だ。

 トヨタ自動車も「ハイラックス」や「ランドクルーザー」といった大型車を除いて、今後欧州で投入する乗用車でディーゼル車の設定を順次やめる。ホンダも欧州で今秋投入するSUV「CR―V」にディーゼル車の設定を見送った。スバルも欧州で販売するSUV「アウトバック」と「フォレスター」の次期モデルからディーゼル車の設定をやめる方針だ。

 15年に独フォルクスワーゲン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら