[PR]

 2016年リオデジャネイロ五輪で銀メダルを獲得した陸上男子400メートルリレーのメンバーが再結成される。20日にヤンマースタジアム長居で開催されるセイコーゴールデングランプリ(GGP)大阪の同種目では山県亮太(セイコー)、飯塚翔太(ミズノ)、桐生祥秀(日本生命)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)の4人で米国、中国などの強豪と競う予定だ。

 GGPに日本はA、B、U20(20歳以下)の3チームを組む。6日にナショナルトレーニングセンターで公開された練習には男子11選手が集まった。昨年のロンドン世界選手権は山県の代表漏れやケンブリッジの不調があり、多田修平(関学大)、飯塚、桐生、藤光謙司(ゼンリン)のメンバーで臨んだ。苦心の組み合わせとも言えたが、銅メダル。層の厚さを示した。

 土江寛裕・五輪強化コーチは今回のAチームはリオ五輪メンバーで臨むことを明らかにした。ウサイン・ボルトらのジャマイカに敗れたものの、現在もアジア記録の37秒60で銀メダルに輝いた選手たちだ。

 練習では最初こそぎこちない部分もあったが、2本目からは息もぴったり。日本特有のアンダーハンドパスは今や「職人芸」の域だ。GGPで3走が予想される桐生は「このメンバーでのバトンパスはやはり安定感がある」と話した。

 2020年東京五輪に向けたリレーの強化は、これまで以上に実戦を通じて行う方針が示されている。今年は7月のダイヤモンドリーグ(ロンドン)にも出場し、最大の目標である8月のアジア大会(ジャカルタ)につなげる予定だ。1走を担う山県は「GGPでは37秒台を出したい。東京五輪で金メダルを目指す中で、アジア大会でもライバル中国を破ってはずみをつけたい」と話している。(堀川貴弘)