映画「喜びも悲しみも幾歳月」、テレビ時代劇「水戸黄門」の主題歌を始め、数多くの日本映画やドラマの音楽を手がけた音楽家の木下忠司(きのした・ちゅうじ)さんが4月30日、老衰で死去した。102歳だった。葬儀は親族で営んだ。

 46年、兄の木下恵介監督の「わが恋せし乙女」で映画音楽家としてデビュー。以来、「カルメン故郷に帰る」(51年)や「二十四の瞳」(54年)、「野菊の如き君なりき」(55年)など恵介監督のほぼ全作品の音楽を担当。特に57年、作詞・作曲をした「喜びも悲しみも幾歳月」の主題歌は、灯台守の心意気を力強く表現して大ヒットした。

 ほかにも、小林正樹監督の「人間の條件」シリーズ(59~61年)や菅原文太主演の「トラック野郎」シリーズ(75~79年)、アニメ「白蛇伝」(58年)など多彩な作品の音楽を手がけ、88年までに480本を超える映画音楽を作った。またテレビでもドラマ「水戸黄門」や「泣いてたまるか」の主題歌やCM音楽など数多くを作曲している。