[PR]

 北九州市で4月にあった前川喜平・前文部科学事務次官らの講演会で司会を務めた村上聡子市議(52)=無所属=がツイッターなどで脅迫を受けていたことが8日、わかった。被害の相談を受けた福岡県警八幡西署が脅迫容疑などを視野に捜査を始めた。

 村上市議によると、4月14日の講演会直後から中傷する書き込みが相次いだ。事務所の写真をネット上にアップされたほか、事務所にも「なんで前川の講演会を開くんだ」などの電話がかかってくるようになったという。4月下旬には、キャラクターがピストルを構えた漫画とともに「さとさと消す」との文言がネットに書き込まれた。29日に弁護士とも相談のうえ被害を届け出たという。村上市議は「脅迫は卑劣な行為。許されない」と話している。

 北九州市議会事務局によると、4月下旬から、村上市議の資質を問うなどの電話が事務局へも相次ぎ、多いときで10件程度、1日3~5件程度かかってきたという。

 村上市議は昨年1月の市議選で社民党などの推薦を受け、初当選。前川氏の講演会では実行委員会のメンバーを務めた。