拡大する写真・図版 パリ航空ショーの開幕に合わせて披露されたMRJ=2017年6月、パリ郊外

[PR]

 三菱重工業は8日、子会社で国産ジェット旅客機「MRJ」を手がける三菱航空機(愛知県豊山町)の債務超過額が、3月末時点で約1千億円になったと明らかにした。この1年で2倍に膨らんだ。支援を強化し、債務超過を来春までに解消する方針も表明した。社運をかけた事業が、経営の重荷になっている。

 三菱重工の宮永俊一社長が、決算と新事業計画の説明会で明らかにした。債務超過は全資産を売っても借金が返せない状態だ。宮永氏は「企業活動上、(現状は)おかしい。資本増強の検討はかなり進んでいる」と述べた。

 三菱航空機が債務超過になったのは、MRJの開発が難航しているからだ。2008年に本格着手し、当初は13年からの納入を予定していた。だが、5度の延期を重ね、現時点の予定は20年半ば。収入を得られない一方で、1千億円台を見込んでいた開発費は設計変更などで拡大。諸経費も含めて投じた資金は約6千億円にのぼるという。

 資本増強の具体的な手法は「関係者と協議中」(宮永氏)。想定されるのは新株の買い取りや借金の出資への置き換えなど。三菱航空機には64%を出資する三菱重工のほかに三菱商事やトヨタ自動車なども出資しており、これらの株主にも協力を求める。

 宮永氏は「来春には(ボーイン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら