[PR]

 北海道は、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)に関する調査報告書をまとめた。誘致に名乗りを上げている苫小牧市、釧路市、留寿都村の3自治体のうち、苫小牧市の施設が最も集客が見込め、売上高は年間で最大約1500億円にのぼると試算した。

 道の玄関口である新千歳空港から最も近い苫小牧市の施設は、最大868万人の訪問客が期待できるとみる。これに対し、釧路市は訪問客が最大335万人、売上高が最大503億円、留寿都村は訪問客が最大473万人で、売上高が最大840億円とはじいた。

 道はIRを訪日客誘致の起爆剤にしたい考え。カジノの運営事業者に課す納付金を活用し、交通網の充実にもつながるとしている。今国会に提出されたIR実施法案では、カジノの設置数は全国で最大3カ所とされ、道は今後、候補地を1カ所に絞り込む方針。ただ、ギャンブル依存症への懸念も根強い。(長崎潤一郎)