[PR]

 人気グループ「TOKIO」の山口達也さん(46)が強制わいせつの疑いで書類送検され、不起訴処分(起訴猶予)になった問題で、他のメンバー4人が謝罪会見を開いた。強調したのは「連帯責任」。事件に直接関与したわけでもないのに、なぜ謝ったのか。

 山口さんが不起訴処分になった翌日の2日に開かれた会見。城島茂さん、国分太一さん、松岡昌宏さん、長瀬智也さんが黒色のスーツとネクタイ姿で登場し、冒頭20秒以上頭を下げた。

 会見を開いた理由について、リーダーの城島さんは「連帯責任という面も含めまして、きちんとTOKIOとしてメンバー全員でここは謝罪すべきだという思いがありました」と説明。「山口の責任はTOKIOの責任」「1人は5人のため、5人は1人のため、そんな思いで23年、5人で突っ走ってきました」とも話し、4人はそれぞれにおわびの言葉を繰り返した。

 芸能人の不祥事で、関与してい…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら