【動画】黒塚古墳の石室から見つかった「卑弥呼の鏡」で、地元は大騒ぎになった=田中祐也撮影
[PR]

 「三角縁神獣鏡 奈良で32面」「王権誕生の地で初」。1998年1月10日、朝日新聞の1面に大きな見出しと鏡の写真が載った。

 奈良県立橿原考古学研究所の発掘調査で、同県天理市柳本町の黒塚古墳の石室から、30枚を超える三角縁神獣鏡が見つかったのだ。女王・卑弥呼が、中国の魏からもらった鏡とされ、邪馬台国畿内説の追い風になると話題になった。

 「卑弥呼の鏡」を見ようと、現地説明会には寒空の下、約3万人が訪れた。最寄りのJR柳本駅まで行列ができ、JRは臨時列車を増発した。地元の自治会は、訪れた人たちに温かいお茶をふるまった。

 「子どものころチャンバラで遊…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら