[PR]

 日野自動車ラグビー部の応援に、地元の日野市が市を挙げて乗り出す。同部は今夏開幕のシーズンからトップリーグに初参戦。チーム名も「日野レッドドルフィンズ」と地名を冠したものに改める。これを受け、市側は市や地元企業などでつくる応援団を結成、人気向上を後押しする方針だ。

 9日夕、大坪冬彦市長(60)や日野自動車の下義生社長(59)らが市役所で記者会見し、発表した。

 会見などによると、チームは今年1月のリーグ入れ替え戦に勝ち、今夏からのトップリーグ参戦を決めた。これをきっかけに、より地域に愛されるチームを目指したいとの考えから、チーム名を「日野自動車レッドドルフィンズ」から、「日野レッドドルフィンズ」へと変更。今後は地域の催しにもより積極的に参加するなど、地域とのつながりを強めるという。

 市は昇格を受け、市を挙げた応…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら