[PR]

 ファストファッション大手の「ZARA(ザラ)」は、試着専用の店舗を東京・六本木に開いた。自分のスマートフォンや店員が持つ端末から購入でき、自宅や店で受け取る仕組み。実店舗(リアル)とネット通販のよさを融合させた新しい買い物のかたちを提案し、利用増につなげる狙いだ。

 東京都港区の六本木ヒルズ内にある約800平方メートルの店内に、女性用、男性用、ベビーや子ども用の服など約400点が並ぶ。客はスマホや店員の端末を使い、専用アプリから気になる商品のバーコードを読み込み、サイズを指定。「試着をリクエスト」を選ぶと、店員がそのサイズの商品を試着室へ運ぶ。待ち時間もアプリに表示される。

 会計はアプリからクレジットカードでも、店内のレジでも可能。通販の専用倉庫から商品を直接、自宅などに届ける。後から店で受け取ることもできる。購入額4990円以上は送料無料。客は自分でサイズを探したり、商品を持って試着室に並んだりする必要がなく、手ぶらで帰れるといった利点があるという。

 店側にとっては、商品を店頭に陳列する作業が省け、通常より店員が少なくて済む。大量の在庫を持つ必要もない。実際に商品を見てその場でオンラインで注文できる店舗はロンドン、ミラノに続く3店舗目だが、試着室を備えたのは初めて。8月半ばまでの期間限定だ。

 実物に触れる実店舗の強みをいかしつつ、通販に誘導する試みは丸井グループも取り組んでいる。東京都内の4店舗で、自社ブランドの靴やパンツの売り場で試着し、スマホなどから注文できる。(高橋末菜)