[PR]

 「風と共に去りぬ」から「タイタニック」まで、かつての名作映画のポスター約80点が、愛知県豊田市挙母町の市視聴覚ライブラリー・ロビーで展示されている。無料。30日までで、月曜休館。

 映画評論家都築義高さん(80)=豊田市=による市民講座「映画塾」が開講から今年で10年目を迎えたのを記念し、所有する約400点の中から、「ローマの休日」「雨に唄えば」「ロッキー」など、主に日本でもヒットしてなじみが深い名画を選んだ。海外から直接、輸入するなどした貴重品も少なくないという。

 30日午後1時半からは、同ライブラリー(0565・33・0747)集会室で、都築さんによる講演・交流会がある。定員は80人で参加費は300円。映画塾は5月開始の講座は満員で、次回は秋に予定されている。