仙台空港、保安設備に遅れ 監視カメラやゲート未設置

有料会員記事

座小田英史、加藤裕則
[PR]

 地方空港の民営化第1号として、仙台空港の運営を2016年7月に国から委託された仙台国際空港会社が、国との協定に反し、初年度に実施するとしていた乗降客の逆流防止ゲートや監視カメラなどの保安設備を整備していないことが分かった。

 仙台に続き、高松でも民間委託され、北海道や福岡、熊本でも計画が進む。空港は安全対策が重視されており、同種協定の確実な実施が求められる。

 空港の民営化は、赤字が多い国管理の地方空港に民間の資金やノウハウを投入し、経営を立て直す取り組み。仙台空港はその第1号で、15年の競争入札で東急電鉄前田建設などが出資する同社が落札した。

 当初、国と同社が結んだ協定…

この記事は有料会員記事です。残り722文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら