[PR]

 鳥取市は9日、同市浜坂の鳥取砂丘でクマの足跡が見つかったと発表した。8日午後に足跡を見つけた観光客が9日午前に同市に通報したという。

 鳥取県と市によると、南東から北西方向(内陸から海岸)に向かって長さ十数センチ程度の足跡が複数、少なくとも約50メートルにわたり並んでいるのを確認。県が鳥獣に関する調査会社「野生動物保護管理事務所」に足跡の写真を送って鑑定を依頼したところ、1~3歳程度の若いツキノワグマのものと判明した。鳥取砂丘でクマの足跡が見つかるのは珍しいという。

 現場は鳥取砂丘への観光客が多く集まる駐車場付近から南西に約1・5キロで、観光客が自由に出入りできるエリア。近くには観光施設「鳥取砂丘こどもの国」や住宅地もある。市は周辺の自治会や学校などに注意を呼びかけ、公用車でパトロールしている。(横山翼)