[PR]

戸高一成さん(大和ミュージアム館長)

 生まれた身分で就ける仕事が決まった江戸時代と決別した明治維新後の日本は、ペーパーテストなど試験でエリートを選抜し、その際の成績が優秀な者ほど、重い責任を任せる制度をとってきました。

 富国強兵を担い、エリートが集まった海軍は、兵学校の卒業席次や、兵学校同期生の間の順位である「ハンモックナンバー」が一生ついて回りました。

 兵学校の順位が上位の者ほど昇進が早く、就ける職務も重くなりました。最初の成績だけでその後のエリートコースが決まる仕組みは、財務省など多くの組織に受け継がれ、いまなお失敗や非常識な結果を生んでいます。

 海軍では実社会で大事な人間性や、その後の成長は十分には重視されず、主に兵学校の順位に基づき、徹底したエリート教育が行われました。

 「君たちは特別で、国の宝だ」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも