【動画】小学校の記念演奏会で歌や楽器の演奏を披露する大桃珠生さん=関係者提供
[PR]

 新潟市立小針小学校2年の大桃珠生(たまき)さん(7)が7日に殺害され、線路に遺棄された事件で、大桃さんが下校時、自宅から約300メートル離れた踏切から自宅に向かって1人で歩いている姿が目撃されていたことが、捜査関係者への取材でわかった。新潟県警は、大桃さんがその後、自宅までの間に何者かに連れ去られたとみている。

 県警によると、大桃さんは7日午後3時ごろに友人と一緒に下校。自宅から約300メートル離れた踏切の手前で友人と別れた。捜査関係者によると、その後、大桃さんが踏切と自宅との直線道路を1人で歩いているのを付近の人が目撃していたという。県警は大桃さんが踏切を渡り、線路沿いに自宅に向かっている際に連れ去られたとみて調べている。

 7日午後5時ごろ、大桃さんが下校時間になっても帰らないため、母親が県警に通報。その後、県警は100人態勢で捜したが、午後10時半ごろに大桃さんが列車にひかれるまで見つからなかった。現場は自宅から踏切とは逆方向に百数十メートルの線路上だった。