[PR]

 トランプ米大統領は9日午前(日本時間同日夜)、北朝鮮に拘束されていた米国人3人が解放されたと自身のツイッターで明らかにした。訪朝していたポンペオ国務長官と一緒に米国への帰国の途についているという。また、トランプ氏は閣議前に、米朝首脳会談は朝鮮半島の軍事境界線上にある板門店以外で開かれると語った。北朝鮮にとっては米国が重視する米国人解放を実現することで、非核化とあわせて経済制裁緩和も進めたい米朝会談に弾みをつける狙いがあるとみられる。

 ホワイトハウスのサンダース報道官は9日に声明を発表し、「トランプ大統領は金正恩(キムジョンウン)氏が3人を解放したことを感謝している。前向きな善意のしるしだ」と評価した。3人の解放はトランプ氏にとって交渉の成果として米国内に示せる。非核化をめぐる今後の交渉に影響する可能性がある。

 トランプ政権にとって米国人の生命を守ることは、核・ミサイル問題と並ぶ最優先課題だった。トランプ氏は「ポンペオ国務長官が北朝鮮から3人の素晴らしい紳士と一緒に航空機で帰国の途についていることを喜びをもって報告したい。彼らの健康状態は良好だ」とツイート。9日夜、経由地の米軍横田基地(東京都)に到着した。ワシントン郊外の空軍基地に10日未明(日本時間同日午後)に到着し、トランプ氏が出迎える。

 ポンペオ氏は9日夜、横田基地…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも