[PR]

 島根県浜田市の魅力を伝える「2017浜田市デジタルフォトコンテスト」で、同県江津市桜江町の助産師、森春奈さんの「島根のウユニ塩湖ここにあり!」がグランプリに輝いた。湖面に空や人を映す絶景で知られる南米ボリビアのウユニ塩湖のように見える絶景だ。

 主催する運営委員会(浜田市、市観光協会)によると、撮影場所は同市国分町にある国指定天然記念物の石見畳ケ浦。夏の夕日が鮮やかな満潮時に撮られたという。森さんは「初めて訪れました。ちょうど幻想的な雰囲気が広がっており、その美しさに感動しました」と話していたという。

 審査委員長の川本貢功さん(二科写真部特別会員)は「芸術的であり、観光的な要素が含まれており、人の喜びを感じさせる作品」と評価している。

 コンテストは観光資源の発掘も兼ねて2015年から始まり、今回が最後になったが、653点の応募があった。受賞作はフォトコンテストの公式サイトで公開されている。(礒部修作)