[PR]

 朝鮮中央通信は10日朝、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が訪朝したポンペオ米国務長官と9日に会談したと報じた。ポンペオ氏は米朝首脳会談のための準備で訪朝したとした。北朝鮮の国営メディアは従来、米朝対話の事実は報じていたが、米朝首脳会談の開催に触れたのは初めて。国内向けの労働新聞(電子版)も10日付の1面全面で会談を伝えた。

 一方、トランプ米大統領は9日午前(日本時間同日夜)、米ホワイトハウスで記者団に対し、米朝首脳会談は朝鮮半島の軍事境界線を挟む板門店では開催しないと述べた。開催時期と場所については「3日以内に発表する」と語った。

 朝鮮中央通信によれば、正恩氏とポンペオ氏は「先鋭化した半島周辺情勢と朝米首脳会談に関連した両国最高首脳部の立場と意見」について協議した。実務的な問題も協議したとし、首脳会談の場所や進行などについて意見交換したとみられる。

 国営メディアが米朝首脳会談の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも