[PR]

 「学園の方と会った」「官邸で3回」。加計学園関係者らとの面会を「記憶にない」と繰り返してきた柳瀬唯夫・元首相秘書官が10日、一転して国会で認め、これまでの説明が不十分だったと謝罪した。淡々と言葉を重ねる姿に、同じ官僚たちは我が身を重ねながら見入った。

 「加計学園の方、その関係者の方と面会いたしました」

 10日の審議の冒頭、後藤茂之議員(自民)から2015年4月2日の面会の事実を聞かれ、柳瀬氏はこう認めた。

 柳瀬氏によると、相手方は10人近くいたが、主に話したのは吉川泰弘元東大教授(現・岡山理科大獣医学部長)や学園の事務局の職員ら。「(獣医学部の新設を)国家戦略特区制度を活用する方向で検討している」との話があったという。愛媛県や今治市の職員は、「今でも同席者にいたか分かりません」としつつ、「随行者の中にいたのかなと思います」と手元のメモを見ながら話した。

 柳瀬氏はさらに、この面会の前後にも官邸で加計学園の関係者と会い、面会が計3回あったと説明。学園の加計孝太郎理事長と安倍晋三首相の友人関係も「認識していた」と話した。

 昨年7月に国会招致された時か…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら