[PR]

 イスラエル軍は10日未明、内戦が続く隣国シリアに展開するイランの部隊が占領地のゴラン高原のイスラエル軍拠点にロケット弾約20発を発射した、と発表した。数発は、イスラエル軍の対空防衛システム「アイアンドーム」で迎撃され、死傷者はなかったとしている。

 イスラエル軍は今回の攻撃を「非常に深刻に考えている」とし、シリア領内にあるイランの部隊の軍事拠点数十カ所を、戦闘機が空爆したことを明らかにした。一方、シリア国営通信などは10日、アサド政権軍筋の情報として、シリア南西部に対してイスラエル軍からのミサイル攻撃があったと報じた。ミサイル攻撃は数十発に及び、政権軍の防空部隊が一部を撃墜したが、防空レーダーや武器庫に命中したものもあるとしている。

 8日のトランプ米大統領による…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら