【動画】ラグビーボール形のキャベツの収穫が最盛期=加藤諒撮影
[PR]

 開幕まで500日を切ったラグビーW杯日本大会。開催地の一つ、花園ラグビー場(大阪府東大阪市)のおひざ元で、ラグビーボール形のキャベツの収穫が行われている。

 約10軒の農家が「ラグビーボール型野菜をつくろう会」を設立。楕円形(だえんけい)のスイカやカボチャの栽培に取り組んでいる。会員の松原功典さん(85)は「世界中から花園を訪れるお客さんを、食でおもてなししたい」と夢を描いている。(加藤諒)

関連ニュース