[PR]

 忍者の知恵を借りてストレス社会に負けないお菓子を作ろう――。三重大学と三重県名張市の洋菓子店モンパクトルが、忍者の携帯食「兵糧丸」風味の「かたやき小焼き」を共同で開発した。三重大生活協同組合とモンパクトルで販売を始め、人気を集めている。

 参考にしたのは、武田信玄の軍師だった山本勘助の口述をまとめたとされる「老談集」に載っている兵糧丸。兵糧丸は砂糖をベースに、蓮肉(れんにく)(ハスの種)、山薬(長芋)、桂心(シナモン)などの生薬を加えたもので、滋養強壮、疲労回復、鎮静などの効用があったことがうかがえる。今回開発した「かたやき小焼き」も兵糧丸と同じような材料構成にしている。

 開発した久松眞・三重大名誉教授は忍者食を研究している。「しのびの活動で危険に身をさらされたであろう忍者は、兵糧丸を口にして心を落ち着かせたとみられる。この知恵を利用して、私たちのストレス解消にも役立てば」と話す。

 「かたやき小焼き」はココナツ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら